美容化粧品予備校UE

衣類と寝具の衛生問題

毎日身に着けている汗や皮脂がたくさん付着した衣類。

そんな衣類をそのままにしておくと雑菌が繁殖する原因になります。

何日も洗濯せずに同じ衣類を身に着けるという事はどんな事なのか?

考えただけでも恐ろしいですね。

雑菌は肌に刺激を与え、ニキビが発生する原因にもなります。

そして、衣類に付着している汗や垢。

これも衣類を身に着けた時に毛穴を塞ぐ原因になるのです。

しかし、衣類を毎日洗濯して清潔にしているからといって安心してはいけません。

寝具はどうでしょう?

寝具を毎日洗濯しているという人はなかなかいないと思います。

人は睡眠中にコップ1杯分もの汗をかくと言われています。

汗が染み込んだ寝具は毛穴を汚す原因となり、顔のみならず背中やお尻のニキビにも大きな影響を与えてしまいます。

出来る限りこまめに洗濯しましょう。

それが無理なら天気の良い日の天日干しもお勧めです。

洗剤選びも重要なポイントです。

せっかく洗濯しても衣類や寝具に洗剤が残っていたら、それもまたニキビの原因になります。

水に溶けやすく泡切れの良い液体洗剤や刺激の少ない洗剤を選ぶのも良い方法でしょう。

「汗をかくとニキビが出来る、悪化する」と聞いて、汗をかかない様にしている方はいませんか?

結論から言うと、汗をかく事によってニキビが出来たり悪化する様な事はありません。

誰が言い出したのかは判りませんが、ただの俗説、誤りなのです。

汗の大半は水分で出来ています。

皮脂は汗をかいてもかかなくても皮膚の表面に一定量が分泌されているものなのですが、多量の汗をかく事で皮脂が水分(汗)の上に浮くので皮脂が目立ったり、ベタついたりします。

そのせいで、「汗=皮脂」という考え方が生まれてしまったのかも知れません。

更に、驚かれる方も多いのではないかと思いますが、「皮脂がニキビの原因になる」という考え方も正しいものではないのです。